2019年7月11日木曜日

Groove Tubes the Brick

Groove Tubes the Brick



そう毎日書くこともないと思うので、持っている機材とかを少しずつ紹介しようと思う。

今回紹介するのはGroove Tubesの真空管マイクプリ/D.Iであるthe Brickだ。





Groove Tubes(以下GT)は真空管の販売会社で有名なので、名前を知っている人も多いかと思う。実は10年ちょっと前まではアウトボードやマイク、アンプも作っていた。現在はそれらの製造からは撤退して選別品の真空管のみを販売する会社となっている。(model 1Bというマイクも2本持ってますが、それはのちほど紹介したいと思います)

元々空色の佐藤さんがGTのマイクとプリをセットでずっと使っていて、存在自体は知っていた。当時はあまり真空管機材に興味がなかったので積極的に探そうとは思ってなかった。しかし数年前、ふと某オークションサイトを見ていると定価の1/3くらいの格安価格で2台出ているのを発見。今後は入手する機会はほぼないと思い即落札。以後Recではちょくちょく使うようになった。


肝心の音は、冷たい温度感が加わりつつ、真空管らしい高域の倍音がある。

真空管というと世間ではwarmな音を想像しがちだが、実際はハイファイ・デバイスなので特性的にはcoolなのだ。なのでこのthe Brickも“真空管らしい”音と形容するのは消して間違いではない。

この特有の質感は、とりあえず真空管がバッファで入ってます、といったような安価帯の機材ではなかなか出ない。しかしthe Brickはマイク受けの初段にFETを1本使っている以外は完全なフルチューブ機材。トランスも安物ではなくjensen製のものが使われている。だからこの真空管固有のキャラクターがしっかりと出る。


基本うちではマイクプリというよりはギターやベースのライン録りで使う。TFDI-02も非常に良い音だが、あちらは中低域にコシがある弾力的な音。こちらは中域はやや薄いがローエンドとハイエンドに存在感がある。ジャリっとした特有のエッジ・倍音感がよく抜けてくるのでアンサンブルの混じりは非常に良い。

もちろんマイクプリとして使うのも良い。できるならば同じくGT純正のチューブマイクと組み合わせてやると、ややドライブしたthe真空管サウンドといった感じの音色になる。

例えばManleyやTube-Techなどこれより価格帯が上のアウトボード類は山程あるけれど、それらと十分に肩を並べられると思う。


塗装が塗り替えてられている


ちなみにこの個体、前のオーナーの遊び心で筐体がオリジナルの白から銀色に塗り替えられている。「ノイマンの電源BOXっぽい色にしたかった」ということらしい。使っているうちにその銀色の塗料が少しずつ剥げ、部分的に元の白い色が見えてきている。

0 件のコメント:

コメントを投稿